山本製作所 100年の歩み

これまでの歩み

1918年(大正7年)

創設者・山本惣治郎が鎌や包丁の行商を開始。
従業員6名と個人経営で養蚕用桑切り機を製造・販売する。
水田用の中耕除草機、人力脱穀機、米選別機等も製造開始。

写真

桑切り機

1936年(昭和11年)

「合資会社山本商会」を天童駅前に設立。
従業員は40人ほど。主力製品は足踏み脱穀機で、塗装がまだ終わっていないものまで争って引き取っていくほどの売れ行きだった。

写真

昭和初期の天童駅前工場

1944年(昭和19年)

「合資会社山本製作所」と改称。

1946年(昭和21年)

工場・事務所・倉庫を天童駅前から、市内糠塚へ移転。
「切り落としカッタ」を販売開始。食糧増産が最優先された終戦後、初のヒット商品となった。

写真

切り落としカッタ

1952年(昭和27年)

経営合理化に着手。農業機械業界では先駆けとなる、組立作業のコンベヤシステム生産方式を導入。
6年連続で、通商産業大臣より大臣賞受賞。
中小企業庁長官より表彰。

写真
1954年(昭和29年)

全国展開の第一歩となる東京事務所、大阪営業所開設。
社団法人発明協会会長より発明賞受賞。

写真

この頃から、全国各地で農業機械の移動展示会が開催された。

1957年(昭和32年)

福岡営業所開設。

1959年(昭和34年)

北海道営業所、名古屋出張所開設。
平型乾燥機、販売開始。当時の平型乾燥機の外板はベニヤ板で、熱源はコークス(石炭を蒸し焼きにした燃料)だった。

写真

第1号の平型乾燥機

1961年(昭和36年)

「株式会社山本製作所」として発足。
山本惣治郎会長就任。
山本惣太社長就任。

1963年(昭和38年)

関東営業所開設。

1964年(昭和39年)

山本惣治郎会長、勲五等瑞宝章受章。
社団法人発明協会会長より発明協会会長奨励賞受賞。

1965年(昭和40年)

生産部関係、新工場に移転。
社団法人発明協会会長より発明賞受賞。

1966年(昭和41年)

現在の乾燥機の原型となる、循環型乾燥機を販売開始。当時の乾燥機には排塵機が無く、作業中にホコリが舞って大変だった。この時期から、穀物乾燥機は急速に日本全国に普及した。

写真

初代・NCD-17型

1968年(昭和43年)

社団法人発明協会会長より東北地方発明表彰において特賞受賞。

1969年(昭和44年)

社団法人発明協会会長より発明賞受賞。
大韓民国国立農産検査所より感謝状。

1970年(昭和45年)

生産部関係、新工場増築。
自脱カッタが好調な売れ行きを見せる。1970年以降の主力商品の1つがカッタ。「カッタの山本」として技術力・生産力・販売力で圧倒的な強さを発揮。シェア60%を占めるまでになった。

写真
1972年(昭和47年)

創設者・山本惣治郎逝去。
広島出張所開設。

1973年(昭和48年)

通商産業省重工業局長より表彰状。

1975年(昭和50年)

製品倉庫新築。
コンピュータ導入。

1976年(昭和51年)

四国営業所開設。
山本惣太社長、紫綬褒章受章。
社団法人発明協会会長より特別賞受賞。
大豆関連製品を開発。
循環乾燥貯留装置ドライデポ、大豆選別機、大豆脱粒機を販売開始。

写真

減反政策の本格化にともなう転作需要の増大に応えて、大豆関連製品を開発。

1977年(昭和52年)

北陸営業所、岡山出張所開設。

1978年(昭和53年)

南九州営業所開設。
中央労働災害防止協会より緑十字賞。
破砕機チッパ、販売開始。

写真
1980年(昭和55年)

山本惣太会長就任。
山本惣一社長就任。

1981年(昭和56年)

東根市大森工業団地に工場用地取得。

1982年(昭和57年)

東根市大森工業団地に東根事業所を新築。
労働大臣より功績賞。

1983年(昭和58年)

東根事業所、全面稼働。
東根事業所、厚生棟新築。
山本惣太会長、勲四等瑞宝章受章。

1984年(昭和59年)

循環型乾燥機(NCD-Z・Xシリーズ)、販売開始。
全く新しいNCD-Xシリーズと、大幅にコンパクトになったZシリーズを開発。山本を乾燥機シェアNo. 1へと導いた。
それまでの常識を覆したタテ形精米機、販売開始。

写真

Xシリーズはガンタイプバーナの採用とコンピュータ制御の進化で安全性を向上。乾燥機の自動運転を可能にした。小型のZシリーズは大幅なコンパクト化で小規模農家のお客様に広く受け入れられた。

写真

減反政策の本格化にともなう転作需要の増大に応えて、大豆関連製品を開発。

1986年(昭和61年)

中国営業所(広島・岡山統合)開設。
福岡営業所新事務所完成。

1987年(昭和62年)

山本会館新築。
技術開発センター、実験棟新築。

1988年(昭和63年)

本社事務棟全面改築。
創業70周年記念式典施行および記念誌「飛躍」発刊。

1989年(平成元年)

コイン精米機、販売開始。

写真
1990年(平成2年)

山本惣太会長、ブラジル政府よりコメンダドール勲章受章。
発泡スチロール減容機「ハイメルター」、販売開始。

写真

環境関連商品の開発・販売を開始。

1992年(平成4年)

関東営業所新事務所、倉庫完成。

1993年(平成5年)

プラント事業展開。山本独自の累積撹拌乾燥貯蔵装置「スタアデポ」が、新たにカントリーエレベータとして認められ、同事業への本格的参入を果たした。

写真
1994年(平成6年)

山本惣太会長逝去。

1995年(平成7年)

低温貯蔵庫「アグリストッカ」、販売開始。

写真
1996年(平成8年)

東根事業所増築、事務所新築。

1997年(平成9年)

本社新技術棟、新実験棟新築。
定温米びつ「こめクーラー」、販売開始。

写真
1998年(平成10年)

山本惣一社長、黄綬褒章受章(タテ形精米機発明の功による)。
遠赤乾燥機、販売開始。

写真
1999年(平成11年)

ISO9001認証。

2000年(平成12年)

ISO14001認証。
大豆色彩選別機、販売開始。

写真
2003年(平成15年)

東根に新パーツセンター稼働。

2004年(平成16年)

木質ペレットストーブ、販売開始。

写真
2006年(平成18年)

山本惣一会長就任。
山本丈実社長就任。
新型ハイパー乾燥機「ウインディ」シリーズ、販売開始。
色彩選別機「カラレックス」シリーズ、ラインナップ拡大。
無残粒タテ形精米機「スーパミルゼロ」、販売開始。

写真

「ウインディ」シリーズ

写真

左:カラレックス
右:スーパミルゼロ

2007年(平成19年)

営業と技術部関係、東根事業所へ移転。

2008年(平成20年)

ペレット温風暖房機、販売開始。
旋回気流式微粉砕機、販売開始。

写真

左:ペレット温風暖房機
右:旋回気流式微粉砕機

2009年(平成21年)

山本惣一会長、旭日小綬章受章。
本社にてゼロエミッション達成。

2010年(平成22年)

山形県環境保全推進賞にて、山形県知事賞受賞。

2011年(平成23年)

プロサッカーチーム「モンテディオ山形」のトレーニングウェアスポンサーへ。

2012年(平成24年)

岡山営業所移転。
中国・蘇州瑞穂機械有限公司設立。
木質ペレットストーブ「ほのか」が、山形エクセレントデザイン2011のエクセレントデザイン賞受賞。

写真
2013年(平成25年)

蘇州瑞穂機械有限公司開業。
東根事業所に太陽光発電設備完成・稼働。

2014年(平成26年)

山形県より環境学習支援団体に認定。
子育てサポート企業に認定。
環境大臣賞「環境保全功労賞等表彰」受賞。

2015年(平成27年)

東北地方発明表彰「発明奨励賞」受賞。
太陽光発電設備増設。
第53回技能五輪全国大会出場(電気溶接部門)。

2016年(平成28年)

九州営業所開設。
厚生労働大臣表彰受賞。
東北地方発明表彰「発明協会長賞」「実施功績賞」受賞。
第54回技能五輪全国大会出場(電気溶接部門)。

2018年(平成30年)

創業100周年を迎える。
全国代理店会議開催。
ギネス世界記録に挑戦・樹立。「折り紙でつくったおにぎりの最多展示数」4306個。
AI搭載穀物乾燥機「ビルド」シリーズ、販売開始。
木質ペレットストーブ「OU」、販売開始。


Page Top