サポート

2020.09.29

ペレットストーブ炉内に発生した錆について

日頃より、弊社製品をご愛顧いただきありがとうございます。

ここ数日、炉内に発生した錆について、何件かお問い合わせをいただいております。

炉内に錆が発生した場合でも、燃焼には影響ありませんのでご安心ください。

他にもよくある症状につきまして、サポートページにてQ&Aをご用意しております。
ぜひご活用ください。

--------------------------------------------------------------------------------

当社ペレットストーブは、灰に有害物質が含まれることを防ぐため、炉内はステンレスではなく、鉄(鋼板)で作り耐熱のメッキ加工をしています。
そのため、水分が付着すると、錆が出やすい傾向があります。

特に夏場は、湿気を含んだ外気が常に炉内へ溜まるうえ、室内のエアコンでストーブ本体が冷やされると
温度差により炉内が結露し、錆が出やすくなります。

錆がでた場合でも燃焼には影響がありませんが
どうしても気になる場合には、ワイヤーブラシ等で削って除去してください。

錆の発生をなるべく減らすためには、給気と排気の口を、それぞれビニール袋やテープでしっかり塞ぎ、湿気の侵入を防ぎましょう。

※給気と排気を一つの袋で覆ってしまうと、万が一取り外しを忘れて点火させた場合に危険ですので、
 それぞれを別で塞ぐようにしてください
 (取り外し忘れの場合にも、給気と排気がそれぞれ塞がっていれば、点火しません)

お知らせ一覧に戻る


Page Top